FC2ブログ

ワイアのスタンダード(犬種標準)5

わかったようなわからないような「スタンダード」(犬種標準)。
その犬種のあるべき姿を言葉で表した物です。

ブリーダーと呼ばれる人々は、いかにこの「スタンダード」に近いイヌを作るかを
競っている訳です。

しっかし、スタンダードってわかりにくいんですよね。
単語はわかっても、つなげると???だったり。


そんなスタンダードもやっと脚までこぎ着けました。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 以下 転載 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


四肢(リムズ)

前肢(フォア・クォーターズ)
前望すると、肩と頸との接合部分から肩端に向けて深く傾斜しており、見事である。
側望すると、長く、よく寝ており、レイバックしている。
キ甲は適度な筋肉が着いて滑らかである。胸は深いが、幅広ではない。
どの角度から見ても、脚は真っ直ぐで、丈夫な骨は足まで達している。
肘はボディに接し、側面で自由に動く。動いている時には脚は真っ直ぐ動く。


後肢(ハインドクォーターズ)
力強く、筋肉質で、弛みがあったり、極端な角度になってはいない。
短い下腿と真っ直ぐなスタイフル(膝)は非常に好ましくない。

大腿(サイ)
長く、力強い。

膝(スタイフル)
良く曲がっており、内向も外向もしない。

飛節(ホック)
低い位置についている。
中足(リア・パスターン)(メタターサス)
後望すると、垂直で平行である。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 以上 部分転載 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「全犬種標準書」(2011年10月現在 第10版)
 ※転載の許可をもらっています。


骨の名前

実はこの記事、日本語の意味がよくわからないんで書くのが嫌だったんです。

「前望すると、肩と頸との接合部分から肩端に向けて深く傾斜しており、見事である。」

主語が抜けてないか?これ。
何が見事なんだかわからない。
ずっとずっと悩んでいたのですが、おそらく肩甲骨の事じゃないかと…。

「(肩甲骨は)肩と頸との接合部分から肩端に向けて深く傾斜しており、見事である。」
これだと、意味が通じるんですが、真正面から見て肩甲骨が深く傾斜していることがわかるのかしらん?


「側望すると、長く、よく寝ており、レイバックしている。」

レイバック…何故ここだけ英語のままなのか?

「側望すると、(肩甲骨は)長く、よく寝ており、後ろに傾いている。」????
これは絶対日本語がへんです!

FCI(国際畜犬連盟)のワイアスタンダードの上記該当部分は以下でした。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
Seen from front, shoulders slope steeply down from junction with neck
towards points which should be fine ;
viewed from side, long and well laid back and sloping obliquely backwards.
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ちなみに、肩甲骨は45度、寛骨は30度の角度に傾いているのが良いとされています。

肩甲骨が立ちがちな犬種ですから、ブリーディングやトリミングでいかに
寝た肩甲骨を作るかが腕の見せ所です。

イラストにするとわかりやすいですかね?

四肢の前後の見た目


前足は、肩甲骨が正しい角度で寝ていて、肘から下はまっすぐ。
肘もO脚やX脚ではない。
後ろ足は、大腿と下腿が同じ長さで、膝があるべき角度で曲がっていて、
なおかつO脚やX脚ではない。
中足は短めで、地面から垂直に立っていて、左右も平行。

こんな脚がベストだってことですね。
O脚は可愛く見えますが、スタンダード的にはNGみたいです。



「キ甲は適度な筋肉が着いて滑らかである。胸は深いが、幅広ではない。」

ワイアは首と背中がはっきりわかれているのはよろしくないとされていて
富士山の裾野のように、肋骨の終わりぐらいの部分まで
キレイに曲線でつながるのが良いと言われます。



「胸は深いが、幅広ではない。」の部分は胸部の形の説明ですね。
ワイアはオーバルチェストと呼ばれる楕円の形です。
パグやブルドッグのようなバレルチェストとよばれる
幅広なのはスタンダードではありません。
また、グレイハウンドのようなスラブチェストとよばれる、幅のとても狭い楕円もNGです。




「肘はボディに接し、側面で自由に動く。動いている時には脚は真っ直ぐ動く。」

ワイアなどの長脚テリアは上腕骨が他犬種より短いので、前足が少し前について見えます。
なので、横から見た時にテリアフロントと呼ばれる
胸骨端からつま先まで真っすぐ見える立ち姿となります。

あんまりお肉をつけてしまうと肘が開いて
ボディに沿ってまっすぐ動く脚ではなくなってしまいます。

この骨格特長から歩く姿は、前から見ると左右の脚が平行に動き
横から見ると「時計の振り子のような」歩様になり、歩幅はあまり広くありません。

歩様


骨格はとっても大事なんですね~



ご自分の愛犬をじっくりながめてみてください。
どこがスタンダードで、どこが外れてるでしょう?
スタンダードから外れていても、世界一可愛い家族なのはもっちろん間違いなし!

でももし「赤ちゃんが欲しい!」となったときは、
健康で性格の良い血筋なのは当然の大前提として
自分の愛犬の足りない部分を補ってくれそうなお相手を捜すのが、
ワイアファンシャーってもんだと思うんです。



※イヌ関連の専門教育を受けておりませんので
もし間違いがありましたら、ご教授くださいませ。






2012/01/12 追記 ~~~~~~~~~

C.K.Terra KnnelのChisatoさんがとっても勉強になる記事を書いてくださいました。
貴重な資料です。
ありがたいですね!

http://ckterra.blog61.fc2.com/blog-entry-357.html
スタンダード&タイプ 基本の骨格構成
 ※リンクの許可をいただきました。

プロの方が、こうしたためになる記事を書いてくださることに本当に感謝します。

~~~~~~~~~~



にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーフォックステリア
Wire Fox terrier

お読みになる方に2つのお願いです!
この記事はペットワイア飼いの個人記録/感想です。
1> 記事は参考程度にとどめ、実行は自己責任で。
2> 記事/写真の無断転載、特に部分転載禁止です。
こちらもお読みください。
よろしくお願いします。

関連記事
カテゴリー
Plofile

yoshy

Author:yoshy
ワイアーフォックス・テリアを盲愛するヨッシーが言いたい事を書きちらかしています。
イヌバナ、といってもほぼワイア。しかも、ペットワイアのお手入れ研究バナ。(街の犬種愛好家的お手入れ)
気が向いたときだけ更新ちう。

最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
おたより
おたよりは、内容をブログ上で公開する場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

Web page translation
ブログ内検索
イヌバナ友