FC2ブログ

プロにお願いした後の形の修正 2(ローリングコート)

ヌキヌキに慣れてない子が、がっつり薄々に抜いたあとは…

冬は保温のため、夏は蚊にさされたり、直射日光が当たるのを防ぐために
外に出るときは、Tシャツなどを着せた方が良いかも知れません。

「甘やかさない方が良い毛が生える」と、冬に薄いコートのまま
外にいる子がブルブル震えているのを見るのはちょっとかわいそうな気もしますから。






がっつり薄々抜きの場合、サロンに出して3週間以上経ち
新しい毛が生えてきたら、飛び出してきた毛を抜いていきます。


肌が見えるほど抜いた場合、ほとんどの毛が一斉に生えてきますので
抜き時の判断が難しく、その後の形を保つのが難しくなります。
まめにがんばりましょー。

形が崩れてきたら、ボディーなど短く作る部分の毛全体量の1/4程度を意識して、
回数をわけて抜き、毛にバラエティを付けます。

1回目1/4(〜1/3)の量をぬきます。

1~2週間後、のこり3/4(〜2/3)のうち1/4(〜1/3)をぬきます。
先に抜いた1回目の部分は毛が生え始めてるはずです。
(個体差がありますので1/3か1/4が良いのか様子を見て行います。)
周期は2週間と決めたらその周期を守りましょう。

3回(4回)でワンサイクルと決めたら気持ちの中ではそれを守るように続けます。
こうして、一定期間ごとに抜く(=生やす)ことで毛の層ができていきます。

ワイアの毛のイメージ


こうして毛にバラエティを付ける(ローリングコート)事で、
奇麗な形を維持出来る期間が長くなります。

継続は力なり!

「手を抜かず毛を抜くのだっ!」

  ↑ワイアの第一人者のブログで読んだ言葉です。
   至言であります!




(2019年1月修正)



お読みになる方に2つのお願いです!
この記事はペットワイア飼いの個人記録/感想です。
1> 記事は参考程度にとどめ、実行は自己責任で。
2> 記事/写真の無断転載、特に部分転載禁止です。
こちらもお読みください。
よろしくお願いします。

関連記事
カテゴリー
Plofile

yoshy

Author:yoshy
ワイアーフォックス・テリアを盲愛するヨッシーが言いたい事を書きちらかしています。
イヌバナ、といってもほぼワイア。しかも、ペットワイアのお手入れ研究バナ。(街の犬種愛好家的お手入れ)
気が向いたときだけ更新ちう。

最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
おたより
おたよりは、内容をブログ上で公開する場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

Web page translation
ブログ内検索
イヌバナ友