FC2ブログ

トリミングテーブルに載せた時、首ヒモの長さは?

プロの作業を見ていると、テーブルに載せた時、犬が「おえっ」となりそうなくらい
高い位置で首を固定するのを見る事がありますが、
実は深い意味があるんです。





その1 暴れ防止

首が自由に動く状態で固定すると「いやだ~~~!やめて~~~!」という意思表示
(威嚇噛みなど)をしやすくなり、暴れてテーブルから落ちやすくなり、
犬も人も危ないです。

その2 スタック(決めポーズ)の状態で形を作る

ワイアのカッコいい姿勢を思い浮かべてください。
前脚にグッと体重をのせて、首をすっとあげ、緊張感のある立ち姿です!
ドッグショーの「スタック」の姿勢ですね。

テーブルでお手入れをする時に、そのカッコいい姿を見ながら作業が出来るように
首の位置を決めます。

立ち方一つで、胴が長く見えたり、首が短かく見えたりしますので
トリミング時の毛の残し具合が変わってきます。


作業をする時に、テーブルの上にさらにステイの足の位置に足台をおいて
犬が常にステイの形から動かないようにして作業している人も見たことがあり、
なるほど!と思いました。
テーブル上で足の接地面近くの毛を抜こうとすると毛を引いた時に
テーブルに手が当たってしまい、うまく抜けませんが、台に乗っていれば
手を動かしてもテーブル面に当たらず、抜きやすいですしね。


たとえドッグショーに出陳しなくても、立ち姿が美しい方が良いですよね。



(2017年8月修正)



お読みになる方に2つのお願いです!
この記事はペットワイア飼いの個人記録/感想です。
1> 記事は参考程度にとどめ、実行は自己責任で。
2> 記事/写真の無断転載、特に部分転載禁止です。
こちらもお読みください。
よろしくお願いします。

関連記事
カテゴリー
Plofile

yoshy

Author:yoshy
ワイアーフォックス・テリアを盲愛するヨッシーが言いたい事を書きちらかしています。
イヌバナ、といってもほぼワイア。しかも、ペットワイアのお手入れ研究バナ。(街の犬種愛好家的お手入れ)
気が向いたときだけ更新ちう。

最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
おたより
おたよりは、内容をブログ上で公開する場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

Web page translation
ブログ内検索
イヌバナ友